バーニャカウダ

*バーニャカウダって何?

バーニャカウダは、イタリア北部、ピエモンテ地方の料理。 バーニャは「風呂」 カウダは「温かい」という意味。なんとなく意味は伝わりますね。 にんにくとアンチョビ、オリーブ油のソース、これを小鍋でフツフツ煮立て、野菜をつけながら食べるというフォンデュスタイル。

アルプスのお膝元、北イタリアならではの料理。  このバーニャカウダがはなまるマーケットで紹介されました。

具材は、にんじん、大根、セロリ、じゃがいも、青唐辛子などの野菜のほか、フランスパン、厚揚げ、ミニちくわ、かにカマなど、フォンデュに合うものならなんでも美味しいです。

【材料】 いかの塩辛          大さじ3 ニンニク           2片 ゴマだれ(しゃぶしゃぶ用)  3/4カップ 生クリーム          3/4カップ

【作り方】 1.いかの塩辛は細かく刻む。

2.鍋に1の塩辛と、ニンニク、ゴマだれ、生クリームを入れて温め、煮立ったらできあがり。

3.具材にソースをつけていただく。 安くて簡単にできるレシピをいつも提供してくれるはなまるマーケットは、本当にありがたい!

簡単でおいしいバーニャカウダ、ぜひ試してみる価値があります。

冷蔵庫なら2〜3日持つそうです!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
リンク集

Powered by Seesaa
<!--shinobi1-->
<script type="text/javascript" src="http://x4.at-ninja.jp/ufo/069253603"></script>
<noscript><a href="http://x4.at-ninja.jp/bin/gg?069253603" target="_blank">
<img src="http://x4.at-ninja.jp/bin/ll?069253603" border="0"></a><br>
<span style="font-size:9px"><img style="margin:0;vertical-align:text-bottom;" src="http://img.shinobi.jp/tadaima/fj.gif" width="19" height="11"> </span></noscript>
<!--shinobi2-->
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。